年賀状の書き方

年賀状を作成する際に使用する言葉としてイメージするのが、賀正、迎春、謹賀新年、恭賀新年、あけましておめでとうございます、新年おめでとうございますなどの決まり文句です。年賀印刷のテンプレートやデザインの入った年賀ハガキなどにはあらかじめこういった決まり文句が入っていることも多いのですが、誰に送るのかによって決まり文句を使いわけなければなりません。

例えば、会社の上司や恩師など目上の人に送る際には賀正や迎春など2文字の決まり文句は使用しません。賀正や迎春は丁寧さにかけるというのが理由となっています。この他にも、新年あけましておめでとうございますの場合は、新年とあけましての意味が重複してしまうので新年おめでとうございますというのが正しい書き方ですし、一枚のハガキの中に同じ意味合いの決まり文句がいくつもあるというのも避けた方がよいでしょう。

年賀状には、近況などを伝える手書きのメッセージを入れることも多いのですが、新年らしい華やかな文章が好ましく、去る、離れる、切れる、落ちる、終わるなど不吉なできごとを連想させるような忌み言葉はできるだけ使わないようにしましょう。また年賀状に手書きのメッセージを入れる場合は、正式には句読点を使用しません。改行などで工夫して読みやすいようにしましょう。

年賀状を出す時期

年賀状が届くのはお正月です。基本的には、旧正月にあたり1月7日までに届くように出せば失礼にあたることはありません。元旦に届くように出す場合は、12月25日までにポストに投函するようにしましょう。また、早く出しすぎると通常の郵便として配達されてしまう可能性があるので、年賀状の受付が始まる12月15日以降に投函するようにしましょう。投函をする時期から逆算をすると、年賀状の準備は枚数にもよりますが、12月の初旬ぐらいから始めることで余裕を持ってポストに投函することができます。

年賀状は1月7日までに相手に届くことで失礼になることはないのですが、年賀状を出していなかった人から年賀状が来ると場合によっては、相手が受け取るのが1月7日を過ぎてしまう場合もあります。そんな時は2月4日の立春までに寒中見舞いを出して年賀状のお礼をするとよいでしょう。出していない人から年賀状が届いた場合、返事を書かないというのは失礼です。出していない人から届いたらすぐに返信の年賀状を準備して投函するようにしましょう。年賀状には、頂いた年賀状に対するお礼の気持ちを添えるとよいでしょう。

年末は年賀状の作成以外にも何かと忙しいものですが、早めに準備をすることで、余裕を持って年賀状を出すことができます。デザインなど準備は大変ですが、インターネットで検索をかければ年賀状の作成を行っている会社があります。早めに準備を行うことで、写真付きや可愛いデザインをゆっくりと選ぶことができ、ポストへ投稿することができるでしょう。

関連リンク⇒SHIMAUMA PRINT

年賀状のマナーとは

旧年中の感謝の気持ちや新しい年を迎えて挨拶を伝えることができるのが、年賀状です。毎年、年末になると年賀状の準備に追われて大変な思いをしているという人も多いのですが、遠く離れた人から年賀状をもらうと近況などを知る機会にもなり、毎年楽しみにしているという人も多いのではないでしょうか。

近年では、電子メールやSNSが普及していることで、年賀状を出す人が減っていると言われているのですが、それでも毎年年末になると送り先をピックアップして、デザインや挨拶文を考え、宛名書きに追われているという人もいるでしょう。

そんな年賀状の準備の中で、どうしても気になってしまうのが年賀状のマナーです。友人や家族に送ることもありますが、恩師や上司に年賀状を送ることも多いので、全て同じような年賀状のデザイン、挨拶文というわけにはいきません。

例えば年賀状のマナーとしてよく知られているのが、喪中の年賀状のマナーです。喪中の場合は年賀状は控えるというのは、ごく当たり前だと思われているのですが、喪中とは喪に服している期間のことを言います。喪中の期間のお正月は新年を喜ぶ挨拶を控えることが一般的とされています。喪中の場合は、年賀状は出しませんということを知らせる年賀欠礼の挨拶状を相手が年賀状の準備を始める前の10月から12月上旬までに届くように送ります。この他にも年賀状に関するマナーはいくつかあり、当サイトでは年賀状のマナーに関して紹介させていただきます。