年賀状の書き方


年賀状を作成する際に使用する言葉としてイメージするのが、賀正、迎春、謹賀新年、恭賀新年、あけましておめでとうございます、新年おめでとうございますなどの決まり文句です。年賀印刷のテンプレートやデザインの入った年賀ハガキなどにはあらかじめこういった決まり文句が入っていることも多いのですが、誰に送るのかによって決まり文句を使いわけなければなりません。

例えば、会社の上司や恩師など目上の人に送る際には賀正や迎春など2文字の決まり文句は使用しません。賀正や迎春は丁寧さにかけるというのが理由となっています。この他にも、新年あけましておめでとうございますの場合は、新年とあけましての意味が重複してしまうので新年おめでとうございますというのが正しい書き方ですし、一枚のハガキの中に同じ意味合いの決まり文句がいくつもあるというのも避けた方がよいでしょう。

年賀状には、近況などを伝える手書きのメッセージを入れることも多いのですが、新年らしい華やかな文章が好ましく、去る、離れる、切れる、落ちる、終わるなど不吉なできごとを連想させるような忌み言葉はできるだけ使わないようにしましょう。また年賀状に手書きのメッセージを入れる場合は、正式には句読点を使用しません。改行などで工夫して読みやすいようにしましょう。