年賀状のマナーとは

旧年中の感謝の気持ちや新しい年を迎えて挨拶を伝えることができるのが、年賀状です。毎年、年末になると年賀状の準備に追われて大変な思いをしているという人も多いのですが、遠く離れた人から年賀状をもらうと近況などを知る機会にもなり、毎年楽しみにしているという人も多いのではないでしょうか。

近年では、電子メールやSNSが普及していることで、年賀状を出す人が減っていると言われているのですが、それでも毎年年末になると送り先をピックアップして、デザインや挨拶文を考え、宛名書きに追われているという人もいるでしょう。

そんな年賀状の準備の中で、どうしても気になってしまうのが年賀状のマナーです。友人や家族に送ることもありますが、恩師や上司に年賀状を送ることも多いので、全て同じような年賀状のデザイン、挨拶文というわけにはいきません。

例えば年賀状のマナーとしてよく知られているのが、喪中の年賀状のマナーです。喪中の場合は年賀状は控えるというのは、ごく当たり前だと思われているのですが、喪中とは喪に服している期間のことを言います。喪中の期間のお正月は新年を喜ぶ挨拶を控えることが一般的とされています。喪中の場合は、年賀状は出しませんということを知らせる年賀欠礼の挨拶状を相手が年賀状の準備を始める前の10月から12月上旬までに届くように送ります。この他にも年賀状に関するマナーはいくつかあり、当サイトでは年賀状のマナーに関して紹介させていただきます。